明治32年創業 / 手造りの味

北海道産のスケトウダラを素材に魚本来の味を生かすため、熟練した職人が一つ一つ丹念に昔ながらの製法で造りあげています。

カネタ吉田蒲鉾店の歴史

初代 吉田音吉は、佐渡 澤根生まれ。明治24年に渡道し岩内町に居を定める。当時、店舗付近にあった「金精楼」の料理人 川崎弥助と共同で蒲鉾製造を始めた。これが「岩内町での蒲鉾づくりのはじまり」と岩内町史年譜にも記載されています。

五代目   代表 吉田智一

吉田さん家!


かまぼこバーガー

NEWS

岩内町内の水産加工品屋さんの商品を使った「なまら岩内GOCHISOUおむすび」は、土曜日・日曜日の限定販売!

なまら岩内GOCHISOU PROJECT

なまら岩内GOCHISOUおむすびの販売は、2020年8月31日をもって終了致しました。

5周年。 ()
この5年間。とにかく、全力疾走だった。(気がする…)町外から岩内町(北海道)に来てくれた、お客様に…。「毎年、岩内に来てるのに…蒲鉾屋さんがあるって知らなかった!!」っていう、リアクションを頂きます。小さい頃から、食べ育った蒲鉾なのに…主人に会うまで、「えー!!蒲鉾屋?何処で?!」って思ったので、出会った時のことを思い出す気持ちになる。思い切って、工場を建て替えることを決めて。今までなかった店舗も設けて、色々やりたい事への夢を膨らませて、慣れない事業計画書も書いた。リニューアルオープンしたけど、
>> 続きを読む