明治32年創業
 
北海道産のスケトウダラを素材に魚本来の味を生かすため、熟練した職人が一つ一つ丹念に昔ながらの製法で造りあげています。
カネタ吉田蒲鉾店の歴史
   初代 吉田音吉は佐渡、澤根生まれ。
明治24年渡道し岩内町に居を定め。当時、げ店舗付近にあった「金精楼」の料理人 川崎弥助と共同で蒲鉾製造を始めた。
これが「岩内町での蒲鉾づくりのはじまり」と岩内町史年譜にも記載されています。

五代目 代表 吉田智一

吉田さん家!